Skip to content

新井自動車: オーナーブログ

新しくリフトが入りました

これまでリフト1台で運用してきましたが、古い車のエンジンのO/Hが続き、その他の重整備、一般的な車検整備や持ち込みによる社外パーツの取り付けなどを待ってもらう事が多くなってきました。

そこでリフトを増設することにしました。

新しく設置したリフトは、軽整備用の埋め込みタイプのものです。

コンクリートの床に線が引かれる

穴あけ

一般的なコンクリートより厚みがあったため、切るのに時間がかかったとのこと。

穴あけが完了

基礎工事

基礎が入りました

コンクリートの流し込み

リフトの枠部分

リフトの本体

リフトが設置完了

これで、エンジンのO/Hなどの重整備を行っている間、一般整備や持ち込みによる社外パーツの取り付けなどでお待たせすることがなくなると思います。


September 19, 2022

臨時休業のお知らせ

まことに勝手ながら、2022年9月3日(日)はお休みいたします。
急なトラブルの対応も難しくなっておりますので、予めご了承ください。


August 31, 2022

エンジンのO/Hを行っています

昨年から、旧車とまでは行かないものの、少し古い車種のエンジンO/Hの依頼が続いています。

今回は、オーナー様からの掲載の許可を得たので、ブログで紹介することになりました。

「定期的なメンテナンスを怠ったために修理が大掛かりになってしまった」というパターンです。

ビフォー

ピストンとコンロッド

ピストンとコンロッド

クランクシャフト

クランクシャフト

エンジン ヘッドカバーの裏側

エンジン ヘッドカバーの裏側

オイルポンプ

オイルポンプ

カムシャフト

カムシャフト

シリンダーブロック

シリンダーブロック

シリンダーヘッドの裏側(燃焼室)

シリンダーヘッドの裏側(燃焼室)

表面が剥離している親メタル

表面が剥離している親メタル

アフター

ピストンまで組んだ状態

ピストンまで組んだ状態

エンジンの本体が組み上がった状態

エンジンの本体が組み上がった状態

オイル汚れがびっしりで、「日頃から掃除をしていたら年末の大掃除が楽」という感じの汚れです。

定期的なオイル交換をしていたら、もう少し薄い汚れで、アルミの金属の色が出ています。

車は高い買い物ですから、長く乗るためにも、日頃の定期的なメンテナンスは怠ることなく行ってほしいと思います。

オイル交換の目安

オイル交換の目安は、ドライバーの運転の仕方、状況で変わりますが、一般的には、半年毎、5,000キロ毎と言われています。

ただサーキットなどでのスポーツ走行は負荷も大きいので、スポーツ走行後は「オイル関連はすべて交換」ぐらいの気持ちでいてほしいと思います。


July 16, 2022

特別な整備を
安価で提供

エンジンのリフレッシュ

エンジンの燃えカス(カーボン)を除去することで、新車に近い状態にリフレッシュします

乗り心地の改善

ショックのシャフトにコーティング剤を塗布し、乗り心地を改善します